マイクロウェーブ法は傷痕が出来ないわきが治療法

マイクロウェーブ法は傷痕が出来ないわきが治療法

わきが治療の方法には外科手術を受ける事で再発が起こり難いと言われていますが、外科手術と言うのは腋の下を切開する事からも傷痕が残ると言うデメリットが在ります。

 

また、麻酔を利用するため現在の状態に応じて、手術を受ける事が出来ないケースも在ると言われていますし、症状が軽度の場合では再発が起き無いと言われていても、症状が完治に至ったのか否かの判断が難しく、病院の中には手術ではなく他の方法で治療を勧めるケースも在ります。

 

保険が適応しないため、手術を受ける事での経済的な負担、麻酔によるリスク、傷痕が残る等のデメリットも在るのが外科手術のデメリットになっています。

 

しかしながら、重度の症状などの場合、腋臭の原因となるアポクリン腺を綺麗に切除する事で再発が起きず、完治と言う形になります。
但し、傷痕が残ると言う事については症状に関係なく起きる事なので、他の方法を選ぶ人も少なくないのです。

 

マイクロウェーブ法は、外科手術のように麻酔を使う事も無ければ、メスを使う事も在りませんので傷痕が出来ないと言うメリットが在るわきが治療です。

 

マイクロウェーブ法によるわきが治療は、術後に直ぐに帰宅が出来るなどのメリットが在ります。
これは脇下にマイクロウェーブと言う高周波を照射する施術法であり、麻酔などをしないので施術を受けた後は直ぐに家に帰る事が出来ると言う事です。

 

マイクロウェーブ法は皮膚の奥の方に在る腋臭の原因になるアポクリン腺に高周波を届けると、そこで熱エネルギーに変換されてアポクリン腺の機能を停止させてしまうと言う方法で、腋臭の原因になるアポクリン腺からの汗が分泌させ難くなり、腋臭特有の臭いをストップさせる効果を得る事が出来ます。

 

また、両脇の照射にかかる時間も短時間で行えるので、予め美容皮膚科などの病院での予約をしておけば、施術を受けた帰りに食事に出掛けると言った約束が出来ると言うマイクロウェーブ法ならではと言ったメリットも在りますし、外科手術の場合は直視する形でアポクリン腺を切除すると言った技術が必要になりますが、このわきが治療の方法はマイクロウェーブを患部に照射するだけで治療を可能にしているため、機械操作などの知識を持つことで治療を受けられると言うメリットも在ります。

 

また、手術と同じように治療後はアポクリン腺の機能が停止するので、腋臭の臭いから解放されるなどのメリットも在り、注目を集めています。