わきがの可能性を自分で判別する方法

わきがの可能性を自分で判別する方法

「自分はもしかして、わきがなのでは?」わきがは日本人の10%ほどで、70%以上がわきがだという欧米人に比べてその割合は低いです。

 

しかしそれゆえに、わきがの人やその可能性がある人は気になってしまいますよね。体臭は、自分自身では意外と気づけないものです。その中でもわきがは、周りからはすぐわかるのに、当の本人はその臭いがわからないという人も多くおり、それがまた大きな悩みのタネとなってしまいます。

 

わきがは優性遺伝であり、両親のうちどちらか一方がわきがであると約50%、両親共にわきがであると約80%の確立で子供に遺伝します。自分の家族がわきがである場合は、自分にも遺伝していないかと心配になると思いますが、わきがの可能性を自分で判別する方法はいくつかあります。

 

そもそもわきがが遺伝しているかどうかはまだ子供の頃にはよくわからず、一般的には思春期以降にその特有の臭いが発生してわかることが多いようです。これはわきがの原因に関係のあるアポクリン腺という汗腺が成長して活動するのが、ちょうど思春期の頃とされているためです。

 

しかしわきがの人は耳垢がネバネバと湿っているという特徴のある場合が多く、それは子供の頃から変わりません。ですので子供の頃から耳垢が湿っていて、家族にわきがの人がいる場合はわきがの可能性があると言えます。また、わきが特有の臭いが発生する年齢になると、汗をかくと脇に黄色い汗染みが出来るようになります。

 

よく、Yシャツの首元が黄ばんだりと、わきがでない人でも汗染みは出来ることはありますが、わきがの人の場合はそれとは違う、比較的はっきりした黄色のシミが出来ます。制服のシャツの脇の部分が黄色くなっていて、ご自身で気づくケースもあるようです。自分がわきがだと判別してもらうのに一番いいのは病院に行って診断してもらうことですが、もしかして?と悩んでいる段階ならば、ご自身の耳垢や汗をかいた後の脇のシミ、家族にわきがの人がいるかいないかを一度チェックしてみてください。